市川 左升 (4代目) イチカワ サショウ

屋号
高島屋
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼立役。パッと目を引く長身のクールな二枚目で、色悪や敵役が似合う。強面(こわもて)の武士などがぴったりだが、太鼓持や角力など多彩な役どころもきっちりこなし、名題昇進以降、芝居運びの重要な場面で存在感が増している。『弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)』の手代佐兵衛は神妙に、『双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)』の角力弟子團子山はおっとりとした風情におかしみがにじんだ。

〔中村正子〕

経歴

芸歴

▼1963年生まれ。88年国立劇場第9期歌舞伎俳優研修修了。4月歌舞伎座『仮名手本忠臣蔵』の大名ほかで鈴木俊之の名で初舞台。88年8月市川左團次に入門し、近松座巡業にて市川左十次郎を名のる。10月歌舞伎座にて名披露目。2014年1月新橋演舞場『壽三升景清(ことほいでみますかげきよ)』の範頼家臣江田十郎などで四代目市川左升を名のり名題昇進。

受賞

▼1998年6月『日本振袖始』の大蛇の分身で歌舞伎座賞。2011年3月『絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)』の非人胡麻八で国立劇場奨励賞、ほか。18年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます