中村 寿治郎 (初代) ナカムラ ジュウジロウ

屋号
成駒家
定紋
イ菱の中に寿
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼上方の匂いを全身に焚き染めたようなベテラン。飄々とした持ち味を発揮し、市井の人々の生活感を映し出す。『廓文章』の阿波の大尽、『河庄』の善六・太兵衛、『雁のたより』の医者玄伯、『夏祭浪花鑑』の堤藤内など、篤実な善人から憎々しい敵役、一癖ある人物まで手堅く見せる。立役中心だが、『曽根崎心中』の下女お玉は持ち役で、お初への親愛の情と廓の日常を活写。3代にわたる鴈治郎の傍で、上方歌舞伎を支える貴重な存在である。

〔坂東亜矢子〕

経歴

芸歴

▼1938年生まれ。二代目中村鴈治郎に師事し、52年7月大阪・歌舞伎座で中村鴈好を名のり『夏祭浪花鑑』の若い衆で初舞台。58年二代目中村扇雀(現・坂田藤十郎)門下となる。71年12月南座『曽根崎心中』の町の衆金兵衛ほかで中村扇豊(せんほう)と改め名題昇進。95年1月大阪・中座『曾根崎心中』の天満屋惣兵衛ほかで中村寿治郎と改名。2015年1月大阪松竹座『寿曽我対面』の梶原平三景時で幹部昇進。

受賞

▼1971年3月『青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)』の立廻りで、2000年4月『夏祭浪花鑑』の三河屋義平次で国立劇場奨励賞。97年11月『河庄』の五貫屋善六で国立劇場優秀賞。同年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。98年第四回日本俳優協会賞。2009年大阪市市民表彰。22年3月と7月に十三夜会賞助演賞。18年度文化庁長官表彰。19年第四十回松尾芸能賞松尾波儔江賞。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます