中村 春花 (初代) ナカムラ シュンカ

屋号
加賀屋
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼五代目中村松江(現・魁春)に入門した女方。名題に昇進して中村歌松から中村春花を名乗った。『対面』『一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)』で腰元、『名月八幡祭』で女中、『御所五郎蔵』では仲居というように侍女、官女、傾城など大勢の女方が揃う場面できちんとつとめ行儀が良い。名女方・六代目中村歌右衛門に厳しくしつけられた師匠のように、おっとりした品の良さと風情を備えてきた。年齢を重ねるとともに臈たけた色気が加わり、脇を支える貴重な女方である。

〔横溝幸子〕

経歴

芸歴

▼1959年生まれ。86年国立劇場第8期歌舞伎俳優研修修了。4月国立劇場小劇場『六歌仙容彩(ろっかせんすがたのいろどり)』黒主の花四天で長谷川文男の名で初舞台。87年4月中村松江(現・魁春)に入門し、『元禄忠臣蔵』御浜御殿の侍女ほかで中村歌松を名のる。2006年4月歌舞伎座『伊勢音頭恋寝刃』油屋・奥庭の仲居葛野ほかで初代中村春花を名のり名題昇進。

受賞

▼1993年4月第十二回眞山青果賞敢闘賞。2014年11月『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』竹の間・御殿の腰元で国立劇場奨励賞。18年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます