市川 新蔵 (6代目) イチカワ シンゾウ

屋号
成田屋
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼立役。十二代目市川團十郎のもとにいた頃から、『勧進帳』の番卒や『助六』の後見などで一門を支える師匠番。堅実な芸風で『義経千本桜』の四天王などの武士、『夏祭浪花鑑』の義平次などの敵役、『源平布引滝』の九郎助などの老けが持ち役。受賞した『三人吉三』の源次坊や『白浪五人男』の番頭などのひと癖ある役も味がある。夏の勉強会では『勧進帳』の弁慶など師の当たり役を熱演。新團十郎白猿誕生に向けてより重要な存在となるだろう。

〔内河 文〕

経歴

芸歴

▼1956年生まれ。80年国立劇場第5期歌舞伎俳優研修修了。4月国立劇場小劇場『絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)』の旅の者で矢野匡志の名で初舞台。81年2月市川海老蔵(十二代目市川團十郎)に入門し、歌舞伎座『坂崎出羽守』の近習ほかで市川新次を名のる。2005年6月博多座『源氏物語』の使者ほかで六代目市川新蔵を名のり名題昇進。

受賞

▼1982年3月『南総里見八犬伝』の立廻りで、84年11月『ひらかな盛衰記』の立廻りで国立劇場特別賞。82年12月『宮島のだんまり』の力者で国立劇場奨励賞。ほか。2003年4月こんぴら三穂津さくら賞。06年第十二回日本俳優協会賞。09年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます