片岡 市松 カタオカ イチマツ

本名
高野武男
屋号
松島屋
生没年月日
昭和2(1927)02月06日〜平成28(2016)05月20日
出身
東京都杉並区

プロフィール

昭和17年に前進座で初舞台を踏み、戦後五代目片岡市蔵に入門。五代目と六代目に仕え、70年にわたり歌舞伎名題下として真摯に勤めてきた。物静かだったが、名題下の俳優たちをまとめてきた功績は多くの人が認めるところで、日本俳優協会賞功労賞も受賞している。歌舞伎俳優の現役最長老として、最後の舞台は平成28年2月歌舞伎座『新書太功記』の町の男を89歳でつとめた。

経歴

芸歴

劇団前進座に入り昭和17年9月南座で山村武二郎を名のり初舞台。22年1月五代目片岡市蔵に入門、片岡市松と改名。平成21年9月伝統歌舞伎保存会会員の第十二次認定を受ける。

受賞

平成2年11月歌舞伎座奨励賞、24年第十八回日本俳優協会賞功労賞、ほか。