中村 いてう (3代目) ナカムラ イチョウ

屋号
中村屋

プロフィール

▼立役。小柄でキビキビとした動き。時に驚くほど、師匠・十八代目中村勘三郎の面影と重なって見えることがある。世話物の町人から時代物の赤っ面まで幅広い役柄をこなす懐の深い立役で、平成中村座では『弁天小僧』の鳶頭や『仮名手本忠臣蔵』祇園一力茶屋の富森助右衛門など、様々な役に挑戦してきた。一門の立師も勤めており、今後の活躍に大きな期待がかかっている。

〔田中 聡〕

経歴

芸歴

▼1981年生まれ。2000年国立劇場第15期歌舞伎俳優研修修了。4月国立劇場『夏祭浪花鑑』の祭の若い衆、捕手で原田大樹の名で初舞台。01年4月五代目中村勘九郎(十八代目中村勘三郎)に入門し、歌舞伎座『義経千本桜』の軍兵ほかで中村いてうを名のる。15年4月平成中村座『魚屋宗五郎』の小奴三吉ほかで名題昇進。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます