澤村 大蔵 (初代) サワムラ ダイゾウ

本名
中村康則
屋号
紀伊国屋
生没年月日
昭和13(1938)年10月10日〜令和元年(2019)年09月17日
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

関西歌舞伎で初舞台を踏み、その後澤村田之助門下となった。時代物、世話物どちらもいける腕を持ち、とくに悪役がかった武士や若党役に個性を感じさせた。苦味の利いた手強さに加えて、相反する独特な愛嬌の滲みでる芸風であった。かつて九代目澤村宗十郎が盛夏に主宰した「宗十郎古典歌舞伎復活の会(宗十郎の会)」に師の田之助とともに参加し、第1回の『うわばみお由』では駕舁と太鼓持、第2回の『紅皿缼皿(べにざらかけざら)』では駕舁墨太というように、まさにその持ち味をいかんなく発揮、復活狂言の舞台を最終回まで皆勤賞でしっかり支えていた。また、『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』三笠山御殿のいじめの官女で、可憐なお三輪の哀れさを際立たせる強さとおかしみを併せもった嫌らしさは忘れがたい。

〔小宮暁子〕

経歴

芸歴

1938年生まれ。57年関西歌舞伎で初舞台。72年11月に澤村田之助門下となり、澤村大蔵と改名。2000年1月新橋演舞場『助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)』の奴奈良平ほかで名題昇進。

受賞

1968年3月『義経千本桜』の丹蔵のからみで、92年11月『謎帯一寸徳兵衛』の医者茂俊で、2004年11月『噂音菊柳澤騒動』の川瀬金吾で国立劇場奨励賞。79年8月歌舞伎会公演『六花月青柳』の独鈷駄六で、80年8月歌舞伎会公演『双蝶々曲輪日記』の濡髪長五郎で国立劇場努力賞。93年12月『野晒悟助』の立廻りで国立劇場特別賞。99年第五回日本俳優協会賞。2005年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます