尾上 辰緑 (初代) オノエ タツロク

屋号
音羽屋
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼立役。俳優への夢、二代目尾上松緑への弟子入り希望捨てがたく家出して秋田から上京。一度は帰されたが初代尾上辰之助(三代目尾上松緑追贈)の内弟子入りを果たした等、異色のエピソードの持ち主である。若い頃は立廻りの名手。『勧進帳』の番卒、『小町村芝居正月』の料理人清七など時代物の敵役や世話物の町人は独特の声が活きる。現松緑を『矢の根』等の後見で支え、尾上左近の世話まで4代に仕える古参だ。

〔大島幸久〕

経歴

芸歴

▼1951年生まれ。67年4月初代尾上辰之助(没後三代目松緑追贈)に入門し、68年1月東横劇場で尾上小辰を名のり『石切梶原』の近習で初舞台。91年5月歌舞伎座『私本太平記』の岡本坊ほかで尾上辰緑と改名。2000年1月新橋演舞場『対面』の八幡ほかで名題昇進。

受賞

▼1979年8月歌舞伎会公演で国立劇場努力賞。93年12月『野晒悟助』の立廻りで国立劇場特別賞。2004年11月『噂音菊柳澤騒動(かねてきくやなぎさわそうどう)』の家臣谷沢勘六で国立劇場奨励賞。05年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。

舞台写真