中村 虎之介 (初代) ナカムラ トラノスケ

屋号
成駒家
定紋
寒雀の中に虎、蝶花菱

プロフィール

▼目鼻立ちのくっきりした容姿に恵まれ、立役・女方の両方で修業中。20代に入り舞台出演がぐっと増えた。子役時代に人間国宝の祖父・坂田藤十郎と舞台を共にし、平成中村座で多彩な役どころを演じた経験がこれから花開いてくるだろう。『江戸みやげ 狐狸狐狸ばなし』の又市のはつらつとした舞台姿や、『元禄忠臣蔵』御浜御殿のお喜世の清新な美しさ、国立劇場の歌舞伎鑑賞教室の解説ぶりで見せた落ち着きに、蓄えてきた力が垣間見える。

〔中村正子〕

経歴

芸歴

▼1998年1月8日生まれ。中村扇雀の長男。祖父は四代目坂田藤十郎。2001年11月歌舞伎座顔見世興行の『良弁杉由来』で祖父の渚の方に一子光丸をつとめ初お目見得。04年1月大阪松竹座『壽靱猿(ことぶきうつぼざる)』の子猿で大阪初お目見得。06年1月歌舞伎座『伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)』御殿の千松で中村虎之介を名のり初舞台。

受賞

▼2013年6月「歌舞伎のみかた」の解説と『紅葉狩』の山神で国立劇場奨励賞。14年6月「歌舞伎のみかた」の解説で国立劇場特別賞。19年6月『神霊矢口渡』の新田義峰と「歌舞伎のみかた」の解説で国立劇場奨励賞。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます