中村 梅蔵 (初代) ナカムラ ウメゾウ

屋号
高砂屋
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼立役。国立劇場第6期歌舞伎俳優研修修了生。初め中村吉右衛門門下となったが、後に中村梅玉門下に移り福次を名乗った。ふっくらと優しげな面差しは女方も似合いそうだが、『壇浦兜軍記』の立廻りで国立劇場特別賞を受賞するなど、タテにもしっかりした腕を持っている。爽やかな二枚目が似合う師・梅玉を支えるベテランの風格が近頃とみに目立ってきた。

〔小宮暁子〕

経歴

芸歴

▼1964年生まれ。82年国立劇場第6期研修修了。7月国立劇場『俊寛』の舟頭ほかで鈴木正志の名で初舞台。11月中村吉右衛門に入門し、中村秀弥を名のる。84年1月中村福助(現・梅玉)門下となり、歌舞伎座『石切梶原』の足軽で中村福次を名のる。92年4月歌舞伎座『伊勢音頭恋寝刃』の油屋の若い者で中村梅蔵と改名。2006年4月歌舞伎座『伊勢音頭恋寝刃』の客治郎助ほかで名題昇進。

受賞

▼1997年1月『壇浦兜軍記』の立廻りで国立劇場特別賞。2006年7月『彦山権現誓助剣(ひこさんごんげんちかいのすけだち)』の杣斧右衛門で、15年10月『伊勢音頭恋寝刃』の桑原丈四郎で国立劇場奨励賞。12年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます