片岡 松十郎 (初代) カタオカ マツジュウロウ

屋号
松嶋屋

プロフィール

▼1997(平成9)年に片岡秀太郎の監修で上方歌舞伎の継承者育成のため設立した「松竹 上方歌舞伎塾」1期生の1人。たゆまぬ努力がようやく開花し始めた立役。三谷かぶき『月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと) 風雲児たち』では漂流する船で船酔いに苦しむ作次郎を演じ、活きの良さを印象付けた。端正な顔立ちに口跡が良く松嶋屋一門の上方歌舞伎会や勉強会「晴(そら)の会」では『東海道四谷怪談』の伊右衛門など主役級を勤める。

〔鈴木多美〕

経歴

芸歴

▼1975年生まれ。99年上方歌舞伎塾第1期修了。3月大阪松竹座『忠臣蔵』十一段目の茅野和助ほかで石垣壮一郎の名で初舞台。12月片岡仁左衛門に入門し、南座『お祭り』の若い者で片岡松次郎を名のる。2012年12月南座『仮名手本忠臣蔵』六段目の猟師狸の角兵衛ほかで片岡松十郎を名のり名題昇進。

受賞

▼2011年第十七回日本俳優協会賞奨励賞。同年3月『絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)』の非人九介で国立劇場奨励賞。16年8月第二回あべの歌舞伎「晴の会」における成果で16年度大阪文化祭賞奨励賞。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます