坂東 巳之助 (2代目) バンドウ ミノスケ

屋号
大和屋
定紋
三ツ大
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼立役。新春浅草歌舞伎での大役やスーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』で演じた色あいの異なる3役での活躍で注目を集め、新作歌舞伎『NARUTO』で主役を射止める。舞踊の基礎を踏まえた身体表現は『対面』の朝比奈や『助六』の朝顔仙平に、脚本を読み込む洞察力と豊かな感受性は『御浜御殿』の助右衛門などに活かされる。日本舞踊・坂東流家元であり、同世代の若い観客層にその舞台を通して理屈や技術を超えたところで踊りの楽しさを伝えている。

〔清水まり〕

経歴

芸歴

▼1989年9月16日生まれ。十代目坂東三津五郎の長男。91年9月歌舞伎座〈八代目坂東三津五郎十七回忌追善〉の『傀儡師(かいらいし)』の唐子(からこ)で守田光寿の名で初お目見得。95年11月歌舞伎座『蘭平物狂』の繁蔵と『寿靫猿(ことぶきうつぼざる)』の小猿で二代目坂東巳之助を襲名し初舞台。

受賞

▼2011年6月『義経千本桜』四の切の亀井六郎などで、12年3月『一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)』の堤軍次で国立劇場奨励賞。18年6月「歌舞伎のみかた」の解説で国立劇場特別賞。18年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます