片岡 りき彌 カタオカ リキヤ

プロフィール

▼女方。片岡秀太郎一門。涼しげな美貌で垢抜けた雰囲気がある。師・片岡秀太郎の薫陶を受け、『封印切』の仲居や『先代萩』の腰元、『籠釣瓶』の新造や『加賀鳶』の町人、『元禄忠臣蔵』の奥女中など、演目の東西やジャンルを問わず堅実に勤めている。勉強会の上方歌舞伎会では、師の指導のもと『賀の祝』の八重や『桂川』のお半、『熊谷陣屋』の藤の方、『絵本太功記』の初菊など女方の大役に挑戦。この貴重な経験が必ずや将来の糧となるだろう。

〔内河 文〕

経歴

芸歴

▼1982年生まれ。99年上方歌舞伎塾第1期修了。3月大阪松竹座『忠臣蔵』十一段目の間瀬九太夫ほかで初舞台。12月片岡秀太郎に入門し、南座『浪華の春雨』の小女で片岡りき彌を名のる。19年9月名題適任証取得。

受賞

▼2012年7月「歌舞伎のみかた」の女方の拵えと『毛抜』の腰元若菜で国立劇場特別賞。