尾上 緑三郎 オノエ ロクサブロウ

所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼立役。尾上松緑一門。小芝居の座頭だった父・尾上松十郎のもと、旅回りで修業し父と二代目尾上松緑の門下に。小柄な容姿で身が軽い上、芝居の生き字引的存在。世話物に欠かせない脇役だ。『魚屋宗五郎』の磯部邸では枯れた味わいの門番、『極付幡随長兵衛』なら村山座舞台の附打、『江戸育お祭佐七』は手遊屋。置屋の下男や葬儀屋の職人、町役人で江戸の空気を醸してくれる。

〔大島幸久〕

経歴

芸歴

▼1933年生まれ。1955年10月二代目尾上松緑に入門。56年3月歌舞伎座『鯨のだんまり』の鱗四天で尾上緑三郎を名のり大歌舞伎の初舞台。75年4月名題適任証取得。

受賞

▼1972年5月『天竺徳兵衛韓噺(てんじくとくべえいこくばなし)』の花四天で国立劇場奨励賞。76年8月『盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)』の男芸者喜之助で国立劇場奨励賞。77年3月『志らぬひ譚(しらぬいものがたり)』の蜘蛛で、93年12月『野晒悟助』の立廻りで国立劇場特別賞。2001年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。09年第十五回日本俳優協会賞功労賞、ほか。伝統歌舞伎保存会会員。