中村 東 (初代) ナカムラ アズマ

本名
黒崎宗治
屋号
加賀屋
定紋
熨斗丸
生没年月日
大正14(1925)年01月13日〜昭和49(1974)年11月29日
出身
東京都

プロフィール

八代目市川中車に入門し、女形として修業し、戦後は守田勘弥の一門となったが、女形の扮装で日本画のモデルになったり、東劇バーレスクに出演したこともあるという変わり種。しかし二代目坂東かしくを襲名しているから、実力を評価されていたのであろう。若い頃はポッチャリとふくよかな女形だったようだが、どちらかといえば世話物の長屋の年増の女房などがよく似合う、庶民的な雰囲気の女形だった。どこか古風な雰囲気があって、味のあるわき役の老け女形になるだろうと期待されながら、五十歳間近で亡くなったのが惜しまれる。

【浅原恒男】

経歴

芸歴

昭和13年、日劇ダンシングチームでバレエを習い、その後、西崎緑の紹介で市川八百蔵(八代目市川中車)に入門。昭和15年4月歌舞伎座で市川八百恵を名乗り初舞台。戦後、十四代目守田勘弥の門に転じ、昭和22年2月、新宿第一劇場『鶴八鶴次郎』の舞台で二代目坂東守弥と改名(「劇評」昭和29年5月号所載の芸歴による)。昭和29年4月歌舞伎座『鳥辺山心中』のお雪で二代目坂東かしくを襲名し、名題昇進。いったんフリーとなり、昭和47年に中村東蔵一門に入り中村東と改名。昭和49年4月伝統歌舞伎保存会会員の第三次認定を受ける。