市川 猿十郎 (4代目) イチカワ エンジュウロウ

本名
木原宏和
屋号
澤瀉屋
定紋
澤瀉
生没年月日
昭和34(1959)年03月04日〜平成16(2004)年08月05日
出身
鹿児島市

プロフィール

研修生出身で、キビキビした立廻りの腕を坂東八重之助が大いに買っていた。市川猿之助門下となり、『加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ)』や『獨道中五十三驛(ひとりたびごじゅうさんつぎ)』「岡崎の猫」などのカラミの巧さは、爽やかな魅力だった。名題に昇進してからは、もっぱら敵役として目立っていた。とにかく芸に真摯な若手で、一門の立師(たてし)としても貴重な存在だったのに、まだ四十代半ばで逝ってしまった。まことに惜しい逸材だった。

【秋山勝彦】

経歴

芸歴

昭和51年国立劇場第三期歌舞伎俳優研修修了。同年4月国立劇場『金門五山桐』の侍ほかで本名で初舞台(研修中に昭和50年12月帝劇『義経千本桜』捕手などに出演)。市川猿之助に入門し、昭和52年10月歌舞伎座『双蝶々』角力場の見物ほかで四代目猿十郎を名乗る。平成2年12月歌舞伎座『義経千本桜』忠信篇の武蔵坊弁慶で名題昇進。

受賞

昭和51年12月国立劇場奨励賞。昭和52年3月国立劇場奨励賞。昭和59年7月歌舞伎座優秀賞。平成10年12月『国性爺合戦』立師としての成果で歌舞伎座賞。平成11年7月『伊達の十役』吹き替えの演技で歌舞伎座賞。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます