嵐 冠十郎 (6代目) アラシ カンジュウロウ

本名
松岡昌治
屋号
具足屋
生没年月日
大正15(1926)年08月25日〜平成20(2008)年12月22日
出身
朝鮮・京城(ソウル)

プロフィール

 戦前の韓国ソウルの生まれ。昭和14年、初代中村吉右衛門に入門し日本に戻り、初代中村吉多郎の芸名で、明治座で子役として初舞台を踏んでから、多彩な役者人生が始まる。以後、市川門三郎(三代目市川白蔵)の一座に移り、市川靖十郎と改名。昭和27年、二代目中村鴈治郎の付人となる。武智歌舞伎でも認められ、昭和26年、加賀の團十郎と呼ばれた明治期の古名優、嵐冠十郎の六代目を襲名し、具足屋という珍しい屋号を復活した。昭和30年、宝塚新藝座に移り、現代劇のコメディで活躍したが、嵐三右衛門らと歌舞伎を演じ『夏祭浪花鑑』の儀平次など独特の持ち味で面白く見せた。一時大宝芸能に移籍したが、昭和53年、関西歌舞伎に復帰した。晩年は、市川猿之助(現・猿翁)一座に加入することが多く、復活狂言やスーパー歌舞伎で、ベテランらしい活躍を見せた。『ヤマトタケル』の占い師や、『オグリ』での、ポイントとなる数々の役(女形も)を飄々と演じ、都度好評を得た。平成10年12月、歌舞伎座で、『敵討天下茶屋聚』の貸座敷の医者等を勤めていたが、体調を崩し休演した。もう一度舞台に出たいという執念で治療につとめ、平成15年新橋演舞場の『新・三国志』で復帰を果たしたが、十日過ぎに、通勤の途中脳障害を再発し、長い療養を続け、遂に舞台に出る事は出来なかった。
 飄々とした三枚目の演技は独特で、強い印象を残したが、平成3年、歌舞伎座で十八世中村勘三郎と坂東三津五郎の相手にまわった『らくだ』の家主で、絶妙な芝居をみせ、唸らせた。
 独特の飄逸さで歌舞伎史に名を留める貴重な役者であった。現市川猿三郎は、その長男である。

【奈河彰輔】

経歴

芸歴

昭和14年4月初代中村吉右衛門に入門、同年6月中村吉多郎を名のり南座『二条城の清正』の小姓で初舞台。昭和22年市川門三郎(三代目市川白蔵)一座に入り市川靖十郎と改める。昭和23年二代目中村鴈治郎の付人を経て、昭和26年2月南座で六代目嵐冠十郎を襲名し名題昇進。昭和30年宝塚新芸座に入座、昭和33年フリーとなり、昭和35年大阪大宝芸能へ入社。昭和53年6月大阪松竹へ復帰。昭和54年4月伝統歌舞伎保存会会員の第五次認定を受ける。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます