中村 源左衞門 (2代目) ナカムラ ゲンザエモン

本名
森長練磨
屋号
中村屋
定紋
角切銀杏
生没年月日
昭和9(1934)04月11日〜平成18(2006)10月20日
出身
鳥取県

プロフィール

平成19年3月9日、フジテレビで放映された『日本中が泣いた!笑った!中村勘三郎襲名公演』は、いうまでもなく十八代目勘三郎の華やかな襲名の行事を記録したルポ番組だったが、当人及びその息子たちの多彩な活躍ぶりのほか、門弟中村源左衞門が襲名行事の半ばにして無念の死をとげた経緯をも克明に描いて視聴者に感銘を与えた。番組のサブタイトルに“泣いた”と記されたのは、彼の悲愴な最期の模様を示したものである。

十七代目勘三郎に入門したのは二十歳のとき。仲助を名のっていた名題下時代は、同輩の中村仲三郎(のち四郎五郎)とともに駕籠かきの役などを務めていたが、真摯な取組みかたは誰しも認めるところだった。額の広い個性的な素顔から、師匠勘三郎が“デコ”と綽名で呼びながらも可愛がっていたことは、名題昇進のときに山左衛門、次に助五郎と、いずれも中村家に由緒ある名を与えたことでも推察できる。昭和50年6月、当時歌舞伎座で恒例だった萬屋錦之介公演の演目の一つ『泥棒と若殿』(山本周五郎原作、矢田弥八脚色、観世栄夫演出)で泥棒の役を、予定された市川子團次が初日前から負傷したため、急遽起用されて務めた。異例の抜擢として話題になったが、中村賀津雄(現嘉葎雄)の若殿を相手に堂々と演じきり、大いに男をあげている。

師の没後は、もちろん息勘九郎を助け、『夏祭』の義平次、『四谷怪談』の宅悦などの大役も務め、一門の脇役として欠かせない存在になった。そして十八代目勘三郎襲名と同時に初代中村歌右衛門の師匠の名だったという源左衞門を襲ぐことになったのだが、そのころから食道ガンに犯されていた。全国をめぐる襲名披露は二年間続いたが、途中休演のやむなきに至り、当人は掉尾を飾る京都南座公演には復帰するつもりでいたが、悲願叶わず、勘三郎一家愁嘆のうちに他界したのである。

酒好きだった。先述のテレビ番組には、病床を見舞った勘三郎が、末期の彼のため、泣きながら酒をふくませてやる姿が写し出されていた。

【松井俊諭】

経歴

芸歴

小芝居に4年間在籍した後十七代目中村勘三郎に入門、昭和30年3月中村仲助を名乗り明治座『檻』の酔っぱらいで初舞台。昭和39年7月歌舞伎座『女暫』の成田五郎房元で五代目中村山左衛門と改名、名題昇進。昭和51年4月歌舞伎座『鈴ヶ森』の駕屋と『弥栄芝居賑』の太鼓持で四代目中村助五郎(屋号仙石屋)と改名。昭和54年4月伝統歌舞伎保存会会員の第五次認定を受ける。平成17年3月歌舞伎座『一條大蔵譚』の八剣勘解由で二代目中村源左衞門を襲名。

受賞

平成7年12月歌舞伎座賞。平成10年日本俳優協会賞。同年真山青果賞奨励賞。他に国立劇場奨励賞、国立劇場特別賞、関西で歌舞伎を育てる会奨励賞を各2回。第八回真山青果賞技能賞。第九回こんぴら歌舞伎三穂津さくら賞。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます