市川 左三郎 イチカワ ササブロウ

本名
片桐保
生没年月日
昭和10(1935)10月23日〜明治-1867()月日

プロフィール

菊五郎劇団に在籍中はトンボの名人として重宝がられ、劇団得意の立廻り場面では、尾上梅五郎(現尾上菊十郎)とともに活躍した。廃業後は舞踊界に転身、俗に“おさらい屋”と呼ばれる後見業で活躍。

経歴

芸歴

昭和29年10月三代目市川左團次に入門。昭和30年1月新橋演舞場で市川左三郎を名乗り初舞台。昭和44年1月名題適任証取得。昭和47年5月伝統歌舞伎保存会会員の第二次認定を受ける。昭和55年3月末に一旦廃業。一時復帰したが昭和62年1月末に再び廃業。

受賞

昭和42年1月『雷神不動北山桜』同宿で国立劇場奨励賞。昭和44年3月『南總里見八犬傳』捕手で国立劇場奨励賞。昭和44年6月『妹背山婦女庭訓』力者で国立劇場奨励賞。昭和46年10月『本朝廿四孝』中間角助で国立劇場奨励賞。昭和46年12月『絵本太功記』百姓で国立劇場特別賞。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます