中村 七三郎 (5代目) ナカムラ シチサブロウ

本名
安田直次郎
俳名・舞踊名
俳名は少長
屋号
中村屋
定紋
重ね釘抜
生没年月日
明治12(1879)年08月28日〜昭和23(1948)年07月29日
出身
東京・日本橋葭町

プロフィール

日本画家安田靫彦(ゆきひこ)の実兄。商業予備校に通ったあと奉公に出て、その後日本橋に大島紬の店を出していた。当時、岡鬼太郎や鏑木清方らと型の研究や劇評をしたり、素人芝居では座頭(ざがしら)格として活躍、『勧進帳』の弁慶で評判をとったこともある。中村吉右衛門一座に入ってからは脇役に終始したが、同輩の中村吉之丞や市川團之助ほど小手の利く芸でなかった代り、両者に求められない品格があったのは、育ちを示すものといわれた。

昭和の初年に傑作とされたのは、岡鬼太郎作の『眠駱駝物語』で務めたらくだの死骸の役。その後は『一條大蔵譚』の「桧垣茶屋」で茶亭与市、『極付幡隨長兵衛』の慢容上人などに定評があり、若手歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』で演じた斧九太夫、『東海道四谷怪談』の伊藤喜兵衛なども好評だった。

書画や俳句にも長じた趣味人でもあった。

【松井俊諭】

経歴

芸歴

葭町の料亭「百尺(ひゃくせき)」の三代目主人の次男として生まれる。芝居好きが高じて大阪に行き、初代中村鴈治郎のもとで中村扇玉と名乗り舞台に立ったが、あまり続かず小芝居や旅回りに出る。その後以前から縁故のあった初代中村吉右衛門の一座に入り、大正9年劇通の援助を受けて、2月市村座『寿対丹前』で五代目中村七三郎を襲名、名題昇進。

著書・参考資料

没後昭和43年7月に『七三郎句集』(中央公論美術出版)が出版される。