中村 藤太郎 (2代目) ナカムラ トウタロウ

本名
藤間充良
俳名・舞踊名
舞踊名は藤間流分家家元・三代目藤間大助
屋号
成駒屋
定紋
祇園守
生没年月日
昭和4(1929)年01月07日〜平成4(1992)年11月21日

プロフィール

藤間紫の実弟で、弟は現・中村東蔵。一時は弟とともに歌右衛門の芸養子の格で“中村藤太郎”を名乗っていた。披露狂言の『団子売』をはじめ『蝶の道行』の小槇と助国や『賤機帯(しずはたおび)』の狂女と舟人など、歌右衛門とコンビで踊っている。端正な人柄そのままの芸風で、のちに再び藤間大助の名で舞踊界に復帰、藤間流宗家の分家として活躍した。舞踊家として再出発してからも、独特の品格ある素踊りの魅力は格別だった。国立劇場歌舞伎俳優研修の舞踊講師もつとめ、その指導力は高く評価された。

【秋山勝彦】

経歴

芸歴

六世藤間勘十郎(二世勘祖)の養子で、芸名藤間大助。六代目中村歌右衛門の芸養子となり、二代目中村藤太郎を名乗って昭和34年4月歌舞伎座『京鹿子娘道成寺』の所化と『団子売』の杵蔵で初御目見得。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます