中村 時寿 (初代) ナカムラ トキジュ

本名
細田運吉 (細田和義とした時期あり)
屋号
播磨屋
生没年月日
明治43(1910)年05月01日〜昭和45(1970)年05月31日
出身
秋田県

プロフィール

俳優になったのが遅かったためか、いつまでも訛りが抜けず、台詞でそれが耳立つことも少くなかった。居並びの腰元や女郎など、女形を主体としたが、稀に新作の立役や老けに廻ることもあり、中では35年1月東横ホールで坂東鶴之助(五代目中村富十郎)が演じた『瞼の母』における銭を乞う老婆の役など、目立つ舞台だったといえよう。

子役の指導係でもあり、若いときは師匠時蔵の息子たち、次には孫世代の子役たちの化粧(かお)をしてやることも務めの一つだった。

【松井俊諭】

経歴

芸歴

昭和9年中村時代を名乗り初舞台。昭和28年4月歌舞伎座『弁慶上使』の腰元冬野で中村時寿を名乗り名題昇進。