市川 白蔵 (3代目) イチカワ ハクゾウ

本名
内島竜太郎(龍松とする資料あり)
屋号
三芳屋
定紋
八重桔梗、菱菊
生没年月日
明治34(1901)年01月05日〜昭和49(1974)年09月13日
出身
東京都

プロフィール

市川門三郎の名で戦中から戦後にかけて小芝居一座の座頭として渋谷劇場や三軒茶屋の大宮館などに出演。関東・東京近郊では人気者だった。一座を解散したあと、昭和30年9月よりかたばみ座に加入し幹部の一人として活躍、映画にも多数出演した。昭和38年1月から大歌舞伎に復帰。昭和40年に師八代目市川團蔵に望まれて白蔵の三代目を名乗った。さすがに手練れの実力派で、端敵や老け役などでアクのある演技を見せ、芝居を面白くする存在だった。臭みは巧さでもある。脇にはこういうタイプも大切なのだ。

【秋山勝彦】

経歴

芸歴

父は七代目市川團蔵の門下だった市川松猿。七代目團蔵に入門し、明治38年5月本郷座『御所五郎蔵』の時鳥で市川三河松(みかまつ)を名乗り初舞台。ただし出生について本人の言(藤尾真一編「明治人に聴く」演劇界昭和47年12月号)によれば、上記は戸籍上の生年月日で、実際は明治38年の生まれだという。とすれば明治38年の初舞台はあり得ないし、『御所五郎蔵』の時鳥というのも、上記聞き書には記されているが、「東京の小芝居」(阿部優蔵著)によれば『ほととぎす』(新派狂言か)とあり、この方が信憑性があるが、確認はできず、幼時の経歴には疑問の点が多い。昭和10年5月明治座で三代目市川門三郎と改名し名題昇進。師匠の息九蔵(八代目團蔵)とともに初代中村吉右衛門一座に所属したが、昭和19年から独立して一座を組み、渋谷劇場、大宮館、上馬劇場のほか、川崎、横浜などの小芝居に出演、一座解散後はかたばみ座で活躍、映画にも出演したが、昭和38年1月から大歌舞伎に復帰。昭和41年4月歌舞伎座における八代目市川團蔵の引退興行の際に團蔵が孫銀之助(九代目團蔵)のために復活伝授した『鬼一法眼三略巻』「書写山」で市原団平の役を務め、三代目市川白蔵を襲名。昭和47年5月伝統歌舞伎保存会会員の第二次認定を受ける。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます