市川 升之丞 (2代目) イチカワ マスノジョウ

本名
中里健次
屋号
成田屋
生没年月日
大正3(1914)年06月03日〜平成20(2008)年12月29日

プロフィール

市川宗家、成田屋の大番頭格の人だった。

上品な女形で、この人や加賀屋鶴助といった人達が鴇色の腰元で並んだ時代の、なんと大舞台だったことか。脇のこういう人たちにも、歌舞伎座なら歌舞伎座の格が、厳然とあったのである。若くして父を亡くした当代市川團十郎を支えた功労は大きい。祖父にそっくりの現市川海老蔵の晴れ舞台を機に潔く舞台を退いた。歌舞伎の家にとって、伝統を守る古参の弟子の存在の大きさを痛感させる役者だった。

【秋山勝彦】

経歴

芸歴

父は初代市川升之丞(本名・法橋覚治)。五代目市川新之助に入門し、大正10年6月市川梅三郎を名乗り四谷の大国座で『盛綱陣屋』の小三郎で初舞台。昭和 13年10月歌舞伎座『忠臣蔵』で二代目市川升之丞を襲名、名題昇進。昭和40年4月伝統歌舞伎保存会会員の第一次認定を受ける。平成5年1月歌舞伎座『雪暮夜入谷畦道』蕎麦屋女房を最後に引退。

受賞

昭和54年7月『仮名手本忠臣蔵』六段目のおかやで国立劇場特別賞。平成元年日本俳優協会功労者表彰。平成3年12月『刺青奇偶』半太郎母おさくで歌舞伎座賞。平成4年第12回真山青果賞敢闘賞。平成5年1月『雪暮夜入谷畦道』蕎麦屋女房と永年にわたる功績に対して歌舞伎座松竹会長賞。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます