坂東 三津三郎 (初代) バンドウ ミツサブロウ

本名
色川豊二
屋号
大和屋
定紋
三ツ大、かつみ
生没年月日
大正2(1913)年01月04日〜不明
出身
東京

プロフィール

子役から七代目三津五郎の弟子となり、のち八代目三津五郎について上方に行き、大阪で名題に昇進した。戦後は東京にもどり、舞踊の心得があるので師の舞踊の後見もよくしていた。太めでどっしりした容姿で、猪首で豊頬に小さい目鼻、小さく分厚い唇を尖らせてせりふを言う姿に特徴があり、朴訥で生真面目な雰囲気の役者だった。素顔も生真面目な人だったようだ。時代物なら織物の裃を着けた敵役の武士、世話物なら『御所五郎蔵』の土右衛門門弟や長屋の住人、廓の若い者が似合っていた。八代目三津五郎の門下らしく、新歌舞伎でも技量を発揮し、『新平家物語』の郎党で賞を受けたり、眞山青果の『元禄忠臣蔵』でも「最後の大評定」の村松喜兵衛などを好演していた。晩年七十歳を過ぎたころから病気がちで舞台を休むことが多くなり、七十五歳で廃業したのが惜しまれる。

【浅原恒男】

経歴

芸歴

大正9年4月坂東三津弥を名乗り市村座で初舞台。昭和16年7月中座で名題昇進。昭和22年1月坂東三津三郎と改名。昭和40年4月伝統歌舞伎保存会会員の第一次認定を受ける。昭和63年廃業。

受賞

昭和27年10月大阪歌舞伎座『新平家物語』の忠盛の郎党で社長賞。昭和27年12月大阪市民文化祭奨励賞。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます