坂東 弥五郎 (2代目) バンドウ ヤゴロウ

本名
舘岡明
屋号
大和屋
定紋
のし丸、喜丸
生没年月日
明治42(1909)年10月30日〜平成11(1999)年02月08日
出身
東京都

プロフィール

十三代目守田勘弥に入門し、途中寄道はあったが十四代目勘弥一門に復帰。同門の女形坂東田門とともに現・坂東玉三郎を支え、守田家の長老格だった。小柄で痩身。なんともいえない身軽さで、『法界坊』の番頭長九郎、『与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)』源氏店の藤八など、髷の型から”眼がね”と俗称される手代敵(てだいがたき)の、小ずるいけれど滑稽な番頭役に腕を発揮した。また十七代目中村勘三郎がお岩を演じた『東海道四谷怪談』で宅悦を務めたが、相好の醜く変わったお岩をこわがる演技の妙が、主役を助けていた。晩年では『雪暮夜入谷畦道(ゆきのゆうべいりやのあぜみち)』のそばやの亭主仁八が、江戸もはずれの上等とはいえないそばやの風景に、ぴたっとはまって生活観がにじみでていた。素人の芝居好きが嵩じて脇役の人生を生きてきた貴重な人だった。

【小宮暁子】

経歴

芸歴

大正7年十五代目市村羽左衛門の門下だった坂東家太郎の弟子となり、大正9年坂東家東を名乗り7月東京麻布・南座『桔梗旗揚』の小坊主で初舞台。昭和3年1月十三代目守田勘弥に入門し坂東太喜蔵と名乗る。昭和17年4月東劇『土俵物語』(川口松太郎作)の呼出し弥吉で名題昇進、坂東弥次郎兵衛と改名。昭和 18年七代目澤村宗十郎に入門し澤村源五郎と改名。昭和28年9月歌舞伎座『極付幡随長兵衛』の中間市助などで二代目澤村宗五郎を襲名。昭和36年1月十四代目守田勘弥の門に復帰し『白浪五人男』の番頭などで二代目坂東弥五郎を襲名。昭和40年4月伝統歌舞伎保存会会員の第一次認定を受ける。

受賞

昭和58年12月歌舞伎座優秀賞。昭和63年第25回俳優祭にて日本俳優協会から功労者表彰。平成元年1月『天衣紛上野初花』仁八で国立劇場優秀賞。松竹社長賞。平成8年11月文化庁長官より表彰される。

舞台写真