中村 もしほ (5代目) ナカムラ モシオ

本名
鳴海孝昭
屋号
播磨屋
定紋
揚羽蝶
生没年月日
昭和13(1938)年10月28日〜不明【昭和44(1969)年5月廃業】
出身
東京都

プロフィール

五代目市川九蔵の子。十七代目中村勘三郎が可愛がっていた弟子で、自身の前名・もしほを襲がせたことでも、才能をみこんでいたことがわかる。その襲名披露の歌舞伎座『藤娘』の清々しい美しさは観客を魅了した。父の九蔵は堅実で地味な役者だったので、その息子の清楚な女形ぶりは俄然注目された。その後、髪結新三を演じた勘三郎が、白子屋の下女お菊など目に立つ役を配したが、その美しさはクールで、意欲的なものがあまり感じられず、襲名を機にした飛躍はみられなかった。東横ホールの若手公演で『寺子屋』なら戸浪、『義経千本桜』「すしや」なら若葉の内侍などを相応に演じていたが、数年後、舞台から姿を消してしまった。交通事故が原因だそうだが、大成していたらさぞかし、と惜しまれた女形の一人である。

【小宮暁子】

経歴

芸歴

昭和32年中村仲之助を名乗り2月歌舞伎座『二月堂』の僧で初舞台。昭和39年7月歌舞伎座『偲草姿錦絵』の藤娘で五代目中村もしほを襲名。昭和45年5月廃業。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます