中村 鴈童 (2代目) ナカムラ ガンドウ

屋号
成駒家
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼立役。成駒家の大ベテランで、上方狂言に欠かせない脇役。大名なども演じるが、朴訥で実直、とぼけた雰囲気は、田舎侍、遊客、太鼓持などに活きる。『廓文章』の幕開きで餅をつく阿波の大尽は持ち役。ほかに『曽根崎心中』の田舎客儀兵衛、『土屋主税』『雁のたより』の中間、『傾城反魂香』『寺子屋』の百姓、『ぢいさんばあさん』の用人長太夫、『双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)』角力場の弟子団子山といった役どころで、さりげなくいい味わいを醸し出してきた。

〔畑 律江〕

経歴

芸歴

▼1936年生まれ。54年大阪映画芸能学院卒。関西新劇場に入団し大阪・大手前会館で本名で初舞台。60年12月二代目中村鴈治郎に入門し、二代目中村鴈松を名のる。62年2月二代目中村扇雀(現・坂田藤十郎)門下に移り中村扇二郎と改名。73年5月、再び二代目鴈治郎門下となり中村鴈童と改名。77年 10月歌舞伎座『建礼門院』の静憲法師ほかで名題昇進。

受賞

▼1968年9月『双蝶々曲輪日記』の駕屋下駄の市で、69年5月『桂川連理柵』の伊勢参りの男で、71年3月『青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)』の立廻りで国立劇場奨励賞。97年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。2019年度日本俳優協会賞功労賞。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます