尾上 菊之助 (5代目) オノエ キクノスケ

屋号
音羽屋
定紋
重ね扇に抱き柏
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼立役・女方。清潔感に溢れた気品ある美貌と、よく通る深みある声を活かした演技で精彩を放つ。情感のこもった実のある演技は立役にも女方にも活かされ、時代物、世話物、舞踊と幅広いジャンルで活躍。10代の頃から勤めてきた女方は、華やかなお姫様や傾城でも忠義の世界に生きる格式ある武家女房でも安定感があり、身体性と心情が詩情に溶け込んだ『京鹿子娘道成寺』の白拍子花子はますます磨きがかかる。
『摂州合邦辻』の玉手御前は祖父・七代目尾上梅幸の、『弁天娘女男白浪(べんてんむすめめおのしらなみ)』の弁天小僧は父・尾上菊五郎の畢生の当たり役だが、その伝統を受け継ぎつつ独自の境地を切り拓いている。それは『髪結新三』の新三、『魚屋宗五郎』の宗五郎などの家ゆかりの役にも通じ、菊五郎家の〝兼ねる役者〟に向かって邁進中だ。『義経千本桜』渡海屋・大物浦の知盛や『関の扉』の関兵衛など、線の太い立役にも挑み芸域を広げつつある。中心となって取り組んだ新作歌舞伎に『NINAGAWA 十二夜』、『マハーバーラタ戦記』、『風の谷のナウシカ』がある。

〔清水まり〕

経歴

芸歴

▼1977年8月1日生まれ。尾上菊五郎の長男。84年2月歌舞伎座『絵本牛若丸』の牛若丸で六代目尾上丑之助を名のり初舞台。96年5月歌舞伎座『白浪五人男』の弁天小僧ほかで五代目尾上菊之助を襲名。

受賞

▼1985年3月『京鹿子娘道成寺』の所化喜観坊で、87年3月『実録先代萩』の一子千代松で国立劇場特別賞。92年歌舞伎座賞。93年1月『人情噺文七元結』の娘お久で国立劇場奨励賞。96年第十三回浅草芸能大賞新人賞。98年と99年に松竹会長賞。2003年第二十四回松尾芸能賞新人賞。04年11月『噂音菊柳澤騒動(かねてきくやなぎさわそうどう)』の徳川綱吉などで、08年1月『小町村芝居正月』の小女郎狐などで、08年12月『遠山桜天保日記』の祐天小僧小吉で、10年1月『旭輝黄金鯱(あさひにかがやくきんのしゃちほこ)』の家臣鳴海春吉で、11年10月『開幕驚奇復讐譚(かいまくきょうきあだうちものがたり)』の褄笠小夜二郎などで、13年1月『夢市男達競(ゆめのいちおとこだてくらべ)』の明石志賀之助などで、15年1月『南総里見八犬伝』の犬塚信乃で、16年11月『仮名手本忠臣蔵』道行と六段目のおかるで、17年12月『梅の由兵衛』の女房小梅と丁稚長吉で国立劇場優秀賞。05年第十二回読売演劇大賞杉村春子賞。同年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。06年芸術選奨文部科学大臣新人賞。同年第五回朝日舞台芸術賞寺山修司賞。同年第十三回読売演劇大賞優秀男優賞。07年第十四回読売演劇大賞優秀男優賞。11年第十八回読売演劇大賞優秀男優賞。12年第十九回読売演劇大賞優秀男優賞。

舞台写真