尾上 菊十郎 (4代目) オノエ キクジュウロウ

屋号
音羽屋
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼立役。師匠が六代目尾上菊五郎というのだから正真正銘の大ベテラン。若くありたいと年令公称をためらうなど役者らしい稚気が好もしい人柄である。時代物のベリベリした悪侍もいいが、本領は江戸市井の人々。『暗闇の丑松』の半裸の湯屋番のキビキビした動作、『髪結新三』で「カッツオ、カッツォ」の声とともに花道から現れる松魚(カツオ)売の小気味よさ。立廻りの立師としても菊五郎劇団になくてはならない役者である。

〔小宮暁子〕

経歴

芸歴

▼1932年生まれ。六代目尾上菊五郎に入門し、48年4月尾上幸一を名のり新橋演舞場『助六曲輪菊(すけろくくるわのももよぐさ)』の廓の若い者で初舞台。58年1月新橋演舞場で尾上梅五郎と改名。68年2月歌舞伎座で四代目尾上菊十郎を襲名し名題昇進。

受賞

▼1971年3月『青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)』の捕手で、79年4月『御摂勧進帳』の梢権藤太で、81年12月『菅原伝授手習鑑』車引の雑式で、83年4月『恋飛脚大和往来』の田舎大尽猪山で、88年1月『御摂勧進帳』の出羽運藤太で国立劇場奨励賞。72年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。75年3月、2002年1月『小春穏沖津白浪(こはるなぎおきつしらなみ)』の立師と百姓稲作で国立劇場特別賞。78年8月歌舞伎会公演『勢獅子』の鳶頭政吉で国立劇場努力賞。93年1月『人情噺文七元結』の若い者藤助で、94年4月『暗闇の丑松』の母お熊で、95年3月『次郎吉懺悔』の野田の伝六で国立劇場優秀賞。1995年第一回日本俳優協会賞。2006年第二十七回松尾芸能賞優秀賞。11年文化庁長官表彰。15年第二十回日本俳優協会賞特別賞、ほか歌舞伎座賞、松竹会長賞など。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます