中村 吉五郎 (2代目) ナカムラ キチゴロウ

屋号
播磨屋
所属
伝統歌舞伎保存会会員

プロフィール

▼中村吉右衛門一門の立役。はっきりとした目鼻立ちが強い印象を残す。『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』のいじめの官女にはユーモラスさがあり、『夏祭浪花鑑』では小悪党のなまこの八を軽妙に演じた。『増補双級巴(ぞうほふたつどもえ)』の米屋八十八は人の好さがにじみ出て、『名月八幡祭』の藤岡中間伍助は主人への忠義心を感じさせた。『石切梶原』の大庭方の大名や『対面』の大名、『鈴ヶ森』の雲助、『絵本太功記』の真柴郎党など、場にふさわしい演技を見せる。

〔小玉祥子〕

経歴

芸歴

▼1955年生まれ。78年6月東横劇場前進座公演で『百太郎騒ぎ』の土地の者、『水沢の一夜』の兵卒で初舞台。79年3月前進座付属養成所を修了、前進座入座。81年4月同座を退座し6月中村吉右衛門に入門。同年10月歌舞伎座『盲長屋梅加賀鳶』の町の者で中村吉次を名のる。98年9月二代目中村吉五郎を襲名し歌舞伎座『二條城の清正』の庄林隼人で名題昇進。

受賞

▼1995年10月『平家女護嶋』の立師(立廻り)で国立劇場特別賞。96年12月『妹背山婦女庭訓』三笠山御殿の力者で国立劇場優秀賞。2004年『再桜遇清水(さいかいざくらみそめのきよみず)』の奴灘平で三穂津さくら賞、ほか。12年重要無形文化財(総合認定)に認定され、伝統歌舞伎保存会会員となる。

舞台写真

写真をクリックすると拡大画像をご覧いただけます